FC2ブログ

床材選び

2016/02/13
床材選びも紆余曲折を経ました~

いきなり余談ですが、間取りを確定する書類に先日サインをしたのですが、
基本的にその後の床材の変更はできないそうです。
なぜならば、床材によって板の厚みが違うのですが、
その床の厚さによって天井の高さが変わってくるそうで
役所に提出する書類をまた一から作り直さなければならなくなるそう。
ただ、万が一変更したい場合は早く言ってくれれば変更可能ですとのことでした。
床材に関しては変更は特にありませんが、間取り変更は、サインした翌日に
変更点を設計士さんに7項目程送りつけました…
面倒な客だろうな~(*ノ∪`*)

閑話休題、床材なのですが、
うちは1Fリビングダイニングは無垢ウォルナットに決定。
無垢の床材を使うことは旦那が惚れこんで住友林業に決めた一因でもあるので当初から決まっていました。
で、無垢床の中で何を選ぶか。
私は本で北欧風の家を見ると素敵だなーと思うんだけど、
実際の家を見ると白っぽい床材ってあんまりピンとこない。
で、暗めの床だとキュンキュンするんです(≧ω≦)
最初は旦那はあまり暗すぎる床は好みではない、そして白すぎるのも好みでない、と言ってたのと
私も自分が北欧風にしたいと思いこんでいたので、中間色的なチェリーを選んでました。
でも設計士さんに、チェリーは家具選びが難しいというのと、経年変化で赤っぽくなるというお話を伺って
うーん、どうしよう、となってました。そんなところに改めてウォルナットの床を見るとカッコイイじゃん!となり
やっぱウォルナットにしよう、となりました。

我が家はお気に入りの八王子展示場をかなり参考にしていて、
小上がりの和室&スタディーコーナーがリビングダイニング横にあるのですが
そこは、なぐり調オーク挽き板に。カラーはガラっと印象を変えてホワイトにすると思います。
展示場まんま(*´∀`人 ♪笑

2Fはあんまりこだわりなく…設計士さんがチェリーの突き板にしてくれてたんですが
そのまんまでお願いしました。
で、ちょっとこだわった(?)ところは、主寝室。
和室で基本畳敷きなのですが、端に板の間があります。
そこを竹の無垢にしました。
なんでかっていうと、端的に言うと夏場の暑さ対策です。
私、夏場寝る時、頭が狂いそうな程足の裏が熱くなるので、
今まで色んな物(フローリング、セームタオル、氷…etc.)で足を冷やしてきましたが、一番良かった物が竹マット!笑
でもあれ、肉がはさまったりして痛いことが…
そんなわけで板を竹にしたら足を冷やせるし余分な物もいらないし、いいじゃんとなりました。

そこでちょっと悩んだのが主寝室から扉なしで入るウォークインクローゼット。
そこに無垢床使うのはもったいないけど、あまり雰囲気が違っても違和感がありそう。
ということで、遠目に見ると色と雰囲気が似ているオーク突き板(たぶん、うろ覚え)にしました。

そんなかんじで床材決定です。
ちなみにキッチン周りや洗面脱衣室は気軽に水拭きで汚れが落とせるシートフロアの予定。


スポンサーサイト



comment (0) @ 床材